2006年06月06日

『花よりもなほ』

花よりもなほ

絶対に見に行こうと思っていた『花よりもなほ』です。想像した通り、ほんわかした映画でした。時代劇というよりは時代物?こんな作品もアリだな〜って思います。



時は元禄15年。ちょうど赤穂浪士たちが仇討ちを画策してる中、1人の侍(宗左)も仇討ちの為に江戸に来ていた。この侍、「弱い」「貧しい」「逃げ足速い」の三重苦。まさにへっぴり侍。それでも愉快な長屋の住人たちに囲まれそれなりに暮らしている。しかし次々起こる長屋での大騒動。果たして宗左は父の仇討ちのゆくえはいかに?

キャスト:岡田准一・宮沢りえ・古田新太・香川照之・田畑智子・上島竜兵・木村祐一・浅野忠信・寺島進・夏川結衣・加瀬亮・千原靖史・絵沢萠子・平泉成・石橋蓮司・原田芳雄・國村隼・中村嘉葎雄 他
監督:是枝裕和

岡田くん演じる宗左は、剣術がからきしダメなへっぴり侍。でも決してヘナチョコでもヘッポコでもない。腕は無くても自分の芯をちゃんと持っている人。そんな彼が狙う仇は、今では武士の身分を捨て新しい家庭を築いている。そんな姿を目の当たりにして、さらに長屋での生活の中で「父に教えてもらったのは剣術(仇討ち)だけなのか?」と彼が悩み・考えた末の驚きの答え。まさかこうくるとは思いませんでした。

個性派俳優陣の中でも負けてない岡田くんの演技はイイですね!もちろん脇を固める俳優さんたちもステキです。何ていうか、バランスがとれてます。私のお気に入りのシーンはやっぱり井戸がえのところ。進坊がぎゅっと手を握ってくるところで一気に宗左との距離が縮まった感じがした。そこからだんだん長屋に馴染んでいくっていう流れがまたにくい演出&脚本だね。

因みに、時代劇なのにチャンバラシーンはほとんどありません(笑)でも、そこがこの映画らしい感じ。見終わったあと、ほんわか優しい気持ちになれました。時代物だからって毛嫌いせずに、見ても損はない作品だと思います!
posted by 姫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。