2006年05月28日

『嫌われ松子の一生』

嫌われ松子の一生

中谷美紀さんが物凄く可愛かったです!思っていたよりも満席で、ちょっとびっくり。
でも、本当良かったです!!



監督・脚本:中島哲也
原作:山田宗樹
キャスト:中谷美紀・瑛太・伊勢谷友介・香川照之・市川実日子・黒沢あすか・柄本明
/木村カエラ・柴咲コウ・片平なぎさ・ゴリ(ガレッジセール)・竹山隆範(カンニング)・谷原章介・宮藤官九郎・劇団ひとり・谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)・BONNIE PINK・武田真治・荒川良々・土屋アンナ・AI・山田花子 他


河川敷で女性の死体が発見された。女性の名は『川尻松子』 彼女の人生は壮絶だ。

中学校の音楽教師として勤めるも、窃盗事件が起こり辞職→作家志望の八女川と同棲。暴力にあう→八女川自殺→八女川の友人岡野と不倫。妻にばれて破局→中洲のソープ嬢になり店のトップへ→同棲中のヒモ小野寺に裏切られ殺害。自殺未遂→理容師の島津と同棲中に逮捕される→服役→出所後に教え子のヤクザ、龍と再会。同棲→龍逮捕→龍と破局、その後1人で引きこもり生活→荒川の河川敷で死体で発見される・・・


相手に尽くしても尽くしても捨てられ、何1つ返してもらえない。愛情って、見返りを求めるものではないけど、それでも報われなさすぎる。他人から見れば不幸な人生なのに、それでも本人は幸せ。それが見ていて悲しくなる。映像はキレイでハイテンションで小ネタも楽しいのに、根本を流れるモノが『寂しい』『私を愛して』。
見終わった後、物凄く複雑な気持ちになりました。でも、つまらない訳ではなく、寧ろ面白いです。時代を振り返る感じも楽しいし、キャストも豪華。見て損はない映画です。でも、色々と考えさせられました。少し重いですが、いい映画だと思います。
posted by 姫 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18776443

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。