2006年03月20日

『機動戦士ZガンダムV 星の鼓動は愛』

ZガンダムV

ガンダムファンなら誰もが知っている(であろう)『あの』ラストシーンを、デジタル技術“エイジング”と新作画パートとでどれだけ美しい映像として見られるのか、そんな期待をしていたんだけど、驚愕。見終わった後、信じられなくて呆然としちゃいました。



内容は、クワトロ(シャア)が指揮するエウーゴ、ハマーン・カーンが率いる「ザビ家」再興を掲げるジオンの残党、ティターンズを掌握しようとするパプテマス・シロッコ、この三勢力の三つ巴戦。私の主観だと約3分の2以上がモビルスーツ戦のシーンでした。それでもそこに人々の愛憎が交差していてちゃんと重厚なドラマになってます。
ただ、ただでさえややこしい『Zガンダム』のストーリーがぎゅっと纏められているので、TVシリーズを理解している人じゃないと、ワケわからないかもしれない・・・。

それでもとにかく、ハマーン様が超絶に美しかったです!女性の声優陣が軒並み声変わりしている中、榊原良子さんは続投。ありがとう!あちがとう!ありがとう!!(笑)
そしてZガンダム・百式・キュベレイ・・・。私の好きなモビルスーツが非常に美しくって!眼福いたしましたv

全体を通して、カミーユが意外と良い子ちゃんなのには「う〜ん?」って気がした。もっと切れキャラだったような気がしてたんだけどね。今回はカミーユよりもシャアの方がよっぽど大人気なかったし(もともとだったかな?笑)「主役は誰だった?」って聞かれたら、「シャア。ヒロインはレコアさん」って即答します、私は。

で、問題はラストシーン。ここで「こうでした!」って書くのもどうかと思うのでぼかしますが、ぜひ劇場で見て欲しい。流石『新訳』。流石『誰も知らないラスト・・・』
賛否両論ありそうだけど、私としてはありかな。実はこのラストシーンが作りたくて、この『新訳Z』の企画を出したんじゃないか、とまで思っちゃったけどね。本当のトコ、どうなんだろう?
映画の前情報・知識をスッパリなくして見た方が楽しいと思います。ただ、この三部作をシリーズ化してZZも、ってのは無いだろうね。コレの後の『新訳ZZ』は個人的には非常に見てはみたいんですが・・・。

何はともあれ、色々思うことはあったけど、1度は見てみたかった『Zガンダム』が見られました。富野由悠季総監督を初めとする関係スタッフの皆さんに、感謝!です。
posted by 姫 at 01:09| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
●TV版はいきなりあんなになっちゃうんでビックリしました。
『V』を劇場鑑賞後にTV版最終話見ました。
劇場版は良かったと思います。
ただ、全て新作画にしてほしかった。
ハマーン様の声が変わるとイメージが変わってしまう。
訓練すれば声だけは歳を取ってもかわらないそうです。
・・・とある方に教えていただきました。
Posted by moviemania1999 at 2006年03月26日 17:36
「V」の劇場版よかったですよね!
私はTV版を前提にして見ていたので仰天しましたが・・・。
でもいい終わり方だったと思います。
ファがあまりに大胆で、びっくりでしたけど(笑)

声って訓練でどうにかなるものなんですね〜。知りませんでした。
本当、声優さんって凄いです。
Posted by 姫 at 2006年03月29日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

機動戦士Zガンダム ?? 星の鼓動は愛 その2
Excerpt: ●『機動戦士Zガンダム ?? 星の鼓動は愛』99分。2006年3月4日公開。ほぼ、一年にぎわせていただいた『劇場版 機動戦士Zガンダム 』もこの映画で終わり。初めて観る..
Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
Tracked: 2006-03-26 17:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。