2006年01月23日

『レジェンド・オブ・ゾロ』

レジェンド・オブ・ゾロ

面白かったよ!!「アクション60%、痴話喧嘩40%」って感じで。私、前作を全く知らない、予備知識ゼロ状態で見たんだけど、ストーリーも分かりやすかったし、アクションは凄かったし、本当によかったです!



「ゾロ」って言うのが主人公。彼は弱きを助ける覆面ヒーロー。舞台はアメリカに併合が決まった1850年カリフォルニア。その併合に反対する一派の暗躍を阻止する為、そして愛する家族を守る為に戦うっていう内容。

ゾロ(アントニオ・バンデラス)はマスクをして素顔を隠し、剣と鞭だけで人々の自由を守る為に悪と戦っている。その戦いぶりは華麗で強い!
ゾロも強いけど、奥さんのエレナ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)も、その2人の息子ホアキン(アドリアン・アロンソ)もめっぽう強い。奥さんは奥さんでダンナの秘密(ゾロの正体は内緒なのだ!)を守る為に敵方に潜入。並の男なんてメじゃないくらい強い!(剣とか格闘がね)実はゾロよりも強いんじゃ・・・って思ったくらい。夫婦並んでの立ち回りなんて必見。美しかったよ〜。あと、クラシックドレス(?)の裾をまくっての蹴りには拍手しそうになった。スバラシイ!息子は父親の正体を知らずにゾロに憧れていて、やることがなかなか大胆。蛙の子は蛙。これがまたかわいらしいの!(>_<)/”

キメるとこはビシッとキメるゾロだけど、エレナの真意が分からず嫉妬しまくるダメ男と化したりするその格差がまた面白いと思う。完璧なスーパーヒーローって訳じゃなくて、あくまで普通の人間。そんな人間味溢れるところが微笑ましかった。
そしてアクション・爆発が非常に派手!流石スティーブン・スピルバーグ総指揮。アクション映画として、自由にやりたい事をやったなって感じがした。

痛快なアクション・チャンバラ、そして純粋な家族愛に溢れた作品。微妙にツッコミたい疑問点もあるにはあったけど、そんな細かい事は気にせず、スカッと楽しみたい人にはかなりオススメな映画です!
posted by 姫 at 03:31| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

3人のゾロ 『レジェンド・オブ・ゾロ』
Excerpt: さてさて、「レジェンド・オブ・ゾロ」を観ました。 公開初日の映画を観たのは久しぶ
Weblog: 多趣味ですがなにか問題でも?
Tracked: 2006-01-23 15:38

「レジェンド・オブ・ゾロ」神話なんて大げさすぎる
Excerpt: 「レジェンド・オブ・ゾロ」★★★☆ アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演 マーティン・キャンベル監督、2005年アメリカ 実は大好きな キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、 ..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-02-14 18:47

『レジェンド・オブ・ゾロ』 伝説になれない男
Excerpt: オープニングから、カッコイイ! アントニオ・バンデラスって濃すぎて、 好みじゃないんだけど、ゾロはカッコいい。 あの、馬に乗ったシルエットがまた、 かっこいいんだよなー。 愛馬トルネードも、..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2006-07-06 22:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。